MAURO de BARI(マウロデバーリ)

プーリア州の中央に拠点を置く『マウロ・デ・バーリ』は2009年春夏に誕生。マウロ・デ・バーリの加工には、独自の工程が採用されています。牛革は、未加工のまま型がとられ、その後手作業で植物由来の天然色素で染めあげられます(ベジタブルタンニンなめし)。仕上げには職人が刷毛で色付けをし、その後外気で乾燥させます。この仕上げは、“TUFFATO(トゥッファート:「軽く浸した」の意)”とよばれるもので、極めて正確な作業が求められます。時間がかかるという理由で、多くのメーカーでは現在、この工程を省いています。トゥッファートサンダルのエキスパート、それがマウロ・デ・バーリなのです。

2個の商品